受付時間

交通事故治療の重要性

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 強い首の痛みがあるのに病院では「異常なし」と言われた
  • 事故に遭った後、バタバタしていて気づけば受診を受けずに1週間経っていた
  • 薬を飲んでいるのに症状が良くならない
  • 湿布薬を貼っても痛みあまりが変わらない
  • しっかりと治療できるところを知らない

交通事故治療の【2大】要素|市羽整骨院

交通事故に遭うと、人は不足の事態に陥りパニックになってしまい、事故に関わる諸々の手続きに忙殺されてそれが終わる頃には、誰しもが疲れ果てていると思います。

そう言った理由で病院での受診は後回しにされがちです。ここで、交通事故治療に大切な2大要素を紹介したいと思います

要素1:医療機関の受診は事故後【1週間】以内

事故に遭った当日に医療機関へ行くのが基本です。その理由は、自分では症状などの自覚はなくとも、身体の中で内出血しているケースもあるからです。早期の受診はそういった隠れたケガの発見につながり、治療の開始が早ければそれだけ後遺症のリスクも減ります。

それに、自賠責保険の補償制度を基に考えると、事故に遭って遅くとも1週間以内には医療機関を受診することを強くお勧めします。それは、自賠責保険の補償とはかなりシビアなので、事故から1週間も経過すると「適応外」となる恐れがあるからです。さらに2週間も経過してしまうと、痛みや症状があっても事故との因果関係を否定されてしまう可能性もあります。なので、早急に受診することを忘れないようにしましょう。

要素2:何よりも必要なのは【根本治療】という考え方

交通事故によるけがの代表例にむちうち症(頚椎捻挫)があります。

実はこれは画像診断では異常が見つからず、病院では鎮痛薬や湿布薬の処方のみで終わってしまうことが多いのです。

当然薬では一時的に痛みは引いても、それを引き起こしている“根本原因”は改善されたとは言えません。もちろん湿布薬を貼って同様です。仮に適切な治療をせず、そのまま放置すれば、身体の歪みは徐々に大きくなり、頭痛・めまい・耳鳴りといった「自律神経症状」にも繋がっていきます。そこで、事故で負った身体の歪みを正しく矯正し、根本から症状や痛みを改善することが何よりも必要なのです。

むちうちは【初期対応】がポイント|市羽整骨院

むちうちは頚椎が事故によるダメージを受けることで生じます。

頚椎は胸椎や腰椎、それに尾椎まで連なって症状が多岐にわたるのが特徴です。もし、歪みが矯正されないまま腰椎部分にまで進展すれば、椎間板ヘルニア、それに伴う坐骨神経痛までも引き起こし、歩行・排尿障害といった怖い症状を引き起こす場合もあるのです。そこまで至らないように、なるべく初期段階で治療を行うことがポイントになります。

整骨院の治療でも【保険適応可】|市羽整骨院

一般的に「整骨院は全額自費負担」というイメージの方は以外と多くいらっしゃいます。

ですが、当院では事故被害者であれば、「自賠責保険」を適応して治療を行うことができます。それに、併せて任意保険、健康保険を使って自己負担をより少なく治療することも可能です。

交通事故に遭った後、ケガや症状を根本から治療したいという方は、ぜひお気軽に当院までご相談下さい。

お問い合わせ

市羽整骨院

アクセスマップ

受付時間

住所
〒590-0951 大阪府堺市堺区市之町3-1-48
代表施術者
石井 尚
運営会社
株式会社グラッドユーケイム
駐車場
院向かいに駐車スペースあり
休診日
日曜・祝日

マップ